急な引越しなら中央引越センター!

 

中央引越センターで引越しをした人の体験談

 

 

中央引越センターで引越しをしました。

 

サイトで有名人とかでも使っている人がいるようなかかれ方がしていましたが、全体的にスピーディーで納得いきました。

 

急ぎの引越しにはとても良いと思います。

 

 

 

引越しを効率的に行うコツですが、冷蔵庫や本棚など大きな家具は動かしてでも後ろや上の掃除をしておかないと凄いホコリが溜まっていて恥ずかしい思いをするだけじゃなく新しいお家までホコリまみれになってしまいます。

 

後、ベッドや食器棚など大きな家具は玄関から入る大きさなのか確かめておく事。

 

入らないならバラせる物はバラして運び入れて貰う方が傷の心配が無くなります。

 

引っ越し前に新居の掃除や家具の配置を考えておけば業者の方にそのまま配置して貰えるので片付けがスムーズに終わりました。

 

細々した物は業者に任せず自分達で詰めた方が片付けの時に把握出来ているので片付けやすかったです。

 

大量の本は大きなダンボールに詰めるよりドラックストアなどで捨てるペットボトルのダンボールを貰ってきて詰める方が重過ぎずダンボール自体が丈夫なので便利でした。

 

 

 

また、引越し先がどういう所か目で見て住めそうか検討してから引越しを始めた方が良いと思います。

 

個人的に東京などの都会には、たいして住みたいと思いません。

 

確かになんでも揃うし、仕事もあるし、車がなくてもどこでも移動ができて、なに不自由なく生活ができるとはおもいますが、人が多すぎる、その上やはり移住食とすべてにおいてコストがかかりすぎるきがします。

 

もちろん場所にもよるとは思いますが、自分が子育てしたいと思えるのは、田舎のほうがいいです。

 

都会すぎると、誰が誰かなのさえわからないことが出てくると思うし、のびのび子供を遊ばせられないきがします。

 

 

中央引越センターで引越しをした後に起きたトラブル

 

中央引越センターで引越しをした人の体験談

 

中央引越センターにて引越しを終らせ、落ち着いた頃、夜寝ている時にしたの部屋から騒音が聞こえ始めました。

 

騒音というのは音楽を大音量で流しているということです。

 

夜10時すぎから夜中の1時にかけて聞こえてきます。

 

私は苦情を言いにいくのが臆病でできなくて困っていました。

 

大家さんにも何も言っていません。

 

下の部屋の人は看護師で帰ってくる時間がばらばらです。

 

日勤や夜勤の日があるからです。

 

たまに外であったりするときに挨拶をするのですが騒音のことなど何も気づいていない感じでした。

 

最近は騒音の頻度は毎日のようにはなりませんでしたがそれでもまだ音楽が聞こえてきます。

 

それも穏やかな音楽ではなく激しい音楽です。

 

 

 

私はこの状況を改善するためにはまだ何もしていません。

 

なので大家さんや不動産の方にこの状況を説明して伝えてほしいと思います。

 

それでも変わらない時には私から直接言いにいきたいと思います。

 

下の部屋の人はとても温厚で優しい方なのでいざとなったら言いたいと思います。

 

しかしそのことを言ってから下の部屋の人と関係が気まずくなるのは嫌です。

 

なのでなるべくは言いたくありません。

 

相手はそこそこ年上なので直接伝えに行くのは怖いです。

 

私は同じアパートに住んでいる人なのでもっとお互いのことを考えていきたいと思います。

 

中央引越センターは突然の引越しでもすぐに来てくれるような事を言っていたので、面倒な場合はさっさと別の賃貸を借りてしまようかと思っています。